【回想9】分割 日本一周(北海道)4/7日目

  • 2014.12.15 Monday
  • 10:05
ジグザグ走行を繰り返し

ようやく、峠までたどり着いた(^o^)v

羅臼町in(らうす)



峠の駐車場はこんな感じ

向かって手前側から登ってきた

左側が北方領土の方面だ

売店もなかった

もっと賑やかな感じかと思ったが、

そうでもなかった



はいはい、まずは記念撮影

それにしても、バッグがパンパンに膨らんでるな

坂道キツイはずよ 俺!



羅臼岳をバックに記念撮影

あざーすm(__)m

ちょうど移動中の雲が山頂にかかって邪魔してる

残念(/。\)



海側は向こうに

平べったく見えるのが

北方領土の

『国後島』

以外と大きいし

近いな… 

って、今まで望見したことがないので

こんな感想しかない


日本人として、なさけない

何人位ロシア人住んでいるんだろう…



さあ、次は長くて急な下坂だ

ジャンパーを着て

一応、ブレーキの点検もする

OK !! レッツらゴー♪

うわ〜 楽チン

自転車で登っている人もいる

軽く会釈する

キツそうだ 頑張れ\(*⌒0⌒)b♪


羅臼町の街中に出た

まあ、想像していた通りの規模だ

漁港に行く

美味しい(о´∀`о)

食べ物屋さんがあるはずだ



スゴい漁船の数だ

道中、いくつも漁港を通りすがりに見てきたが

やっぱり羅臼は、漁港も大きいが

漁船も大きい

きっと、美味しい魚がいっぱい取れるんでしょう



漁港近くに、

魚魂碑

と書かれた慰霊碑が…

やっぱり、半端なく大漁なんだ


漁港の周辺をうろうろするが

目ぼしい食べ物屋さんは見つからない

地元漁師さんたちの

冷たい視線

が痛い…

ので、漁港を離れる


どうせなら、大人の贅沢がしたい

寿司屋で海の幸を腹一杯に食したいのだが…



再び、国道へ出て道の駅の方へ

ありました\(^o^)/

鰍(かじか)

という 寿司屋さん

いただきます

ご馳走さま (о´∀`о) 

美味しかったです


九州に帰って思ったんだが、この店の名前の魚

カジカ

も食べれば良かったのに〜 (/。\)

どんな味がするんだろ



さてさて、腹もいっぱいになったし

これから、どこ行く?

根室方面か、釧路方面か(釧路へは内陸部を通過)

宿の手配もしないといけない


昨晩も今昼も海の幸でお腹イッパイになったし

海岸線を走るのも

少し飽きた

海はもういいかな

次は、牧場や山が見たいな

それに、地元の肉も食べたい

内陸部を走ろう

よし、決めた!

では、今晩は

『中標津』読み方は分からないが… m(__)m

にて泊まることにした


ここから約70キロ

はいはい、ホテルも予約したよ

レッツゴー♪


では

【回想8】分割 日本一周(北海道)4/7日目

  • 2014.12.14 Sunday
  • 23:55
2013年9月28日(土)晴れ

目的地:未定(斜里町〜知床峠〜羅臼町〜?)


羅臼までは行くが、そこから根室方面へ向かうか

釧路方面へ向かうかはまだ決めていない


さてさて、一番行ってみたかった知床

テンション上昇


ホテルを、07時ころ発した

まず、昨日、ホテルの担当者に聞いた

『北海道で2番目に長い直線道路』

が一望できる場所に向けて…



ジェットコースターみたいな激坂を

ジグザグ登りで攻めて(絶対に降りないのだー)

ようやく

直線道路の端っこにたどり着いた (^o^)v


後ろを見てみると、

うぅウワー  すっスゲー  なっ長ゲー

さすが、北海道で2番目!!


昨日、教えてもらって良かった

ホントに....ホントに♪

ホテルの方 あざーす m(__)m


そして、快晴で良かった!!

ここに来て、分かったことがある

昨日、斜里に来るまで、やたらと長い直線道路を通った

俺、この道路ほとんど通過したぞ、ホントに

自己満足 (*^^*)

さあ、次は知床へ




30キロで知床♪

向こうに見えるのは、何て言う山かな?

分かんないけど、綺麗だ

視界良好

今日から、トライパンツの上から、サイクルパンツを着てみた

今のところ、痛みもかなり和らいだ \(^o^)/


ホントに気持ちいい  俺、幸せだ

知床半島に入り

まずは、

知床八景 オシンコシンの滝




記念撮影も忘れずにパチリ

あざーす m(__)m

土曜日とあって、朝から観光客も多い

売店が開いたので、売店へ

途中、山の中から数人出てくるのを見かけたが

いずれも、熊よけの鈴をつけていたぞ

テレビでも見たが、サケが遡上する冬前には

くまもん

たちが、餌を探すため、あちこちに出没するそうだ


俺っちは、熊本生まれなので、

熊本もん(九州弁で熊本者の意味)

ではあるが、超小心者で

一匹の野良犬さえ怖い ((((;゜Д゜)))


したがいまして… 俺へのお土産兼お守りとして

熊よけの鈴ゲット

サイドバッグに鈴付けて

いよいよ、知床峠へ向かう



世界自然遺産in

いや〜〜、世界遺産ですよ(*^^*)

テンションまたまた上昇



ゲゲゲ、初っぱなから超激坂…

しかも… この先、峠まで平坦や下りはないはず (/。\)

先が思いやられますなー

でも、絶対に降りずに登るのだ〜

行けー! 俺! 試練を楽しむべし!!



登りはじめて、あまりにも景色が良かったのでパチリ

後で気づいたが、写真の左上に

知床のハエ

が写ってる!! 寒いのにハエも頑張ってるね〜



これは、ウトロ町の

ゴリラ岩

と言うらしい…



そして進むことしばらく…

むーむむむ〜

ちーちちち〜

おっぱいに見える(о´∀`о)

<(_ _*)> 俺だけ

何ていう山だろう でも山じゃないな…

ネットで調べてみたけど、分からなかった

俺、名所発見か



途中、海が見えなくなって…

鹿さんにも遭遇して…

なっ何か、山に入るにつれて、通りすぎる車の通行も少なくなった

なーんか、嫌な感じが…

まさか、出ないだろうな

あれが…

くまもん

です

遭遇しないことをお祈りしながら

ひたすら、ジグザグ走行を繰り返す…


どのくらい登ったのだろうか

何かひらけてきた

峠に近づいたに違いない


小さな滝発見!

心が安らぎますな

何ていう滝だろ

たぶん、自動車や二輪車の人達は気づかないか

気づいても、そのまま通りすぎるのだろうな

自転車で良かったよ (*^^*)


さて、いよいよ峠です

さっきは、あんなに天気良かったのに

まさか…


では





 

【回想7】分割 日本一周(北海道)3/7日目

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 22:22
今日の行程:雄武町〜斜里町

距離:198km | 最大標高差:91m | 獲得標高:717m



宿泊先:斜里第一ホテル



19時ころ、やっとホテル到着

7時前、斜里町を出発して12時間

俺は偉い!!

よくやった!!

よく尻の痛みにも耐えた!!

自分で自分を誉めてあげた \(^o^)/


ホテルで早速シャワーを浴びて

食事をするためフロントへ

フロント担当者が、自転車に興味あるみたいだったので話しかけてみた

担当者は、地元のロングライドに出ることもあって、ロードバイクを所有しているとのこと

担当者曰く、

明日は天気も良いので、知床に行くなら

『北海道で2番目に長い、直線道路を通るべき』

だというのです

そして、

『その道路の端(知床側)は、激坂ですが…

200キロも走れる脚があれば、上れるでしょう

そこからの眺めは最高です』

とのこと


ハハハハー 脚力を誉められるのは

とても、うれしー

ので、

はい、分かりました _(..)_

とお礼 …


でも、心のなかでは…

ゲッ 明日は待ちに待った知床半島に行くんだけどー

その知床を越えるには

知床峠を上る必要があるんだけどー

初っぱなで脚を使うのか〜 (/。\)

先が思いやられます


よし美味しいもの食べて、明日に備えて

早く寝よ

睡眠が一番の栄養♪

ホテルに隣接している

寿司屋の  勝利  さん

へ、はっきり行って歩きたくなかっただけ

でも、さっきのホテル担当者は

斜里で一番の寿司屋

と言っていた


入ると、こじんまりした店内

カウンターに座る

店員は、大将が一人だけ

客は、若い、女性の帰省客がカウンターに一人

賑わっていない感じ

でも、この落ち着いた感じは嫌いではない


俺、お疲れ様〜

乾杯 (^^)/

地元に魚や貝を食する

おいしー ( ´∀`)

ご馳走さま♪


食事中、若い女性客と少し話したが

大雪山の旭岳は、今の時期、紅葉が素晴らしく

先日、行ってきた

とのこと

えーそうなんですか…  (・o・)

大雪山  旭岳  がよく分かっていないが(頭の片隅に…)


21時30分ころ就寝

明日が楽しみ(*^^*)

尻、良くなーれ


では



あっ そうそう

本日、道中こんなものを見たのでパチリ



海のもしもは118番

救命胴衣の常時着用

と牧草ロールで作成した海上保安庁の掲示物


私たちチャリダーは、

「ヘルメットの常時着用!」

といきたいものです


日本横断 こころ旅

火野正平 ほかスタッフ一同

「ヘルメットの常時着用を !!」

お願いします

ある意味、あんたらはチャリ乗って金稼いでる

プロ

なんだから … 

そこんとこ、考えましょ










 

【回想6】分割 日本一周(北海道)3/7日目

  • 2014.12.06 Saturday
  • 21:18
目的地:斜里町

....遠いのは分かっていた

雄武〜斜里 190キロ....

うーん (。_。) 遠い 遠すぎる
尻 尻が痛すぎる



が、しかし 進まねば!!

俺 ここまで何しに来たんだ


そうだ、トライアスロンの時みたいに

骨盤を寝かせて漕いでみよう

うん、姿勢変えれば少しは楽だ

行け〜



漕ぎ続けると、やっと

斜里の表示が

残り77キロ…

短いのか、長いのか分からない

微妙



サロマ湖を過ぎたら、

納取湖(のとりこ、のとろこ)

なる湖が、そこには

サンゴ草(アッケシ草)

が群生していた

綺麗なのか?

どう表現すればよいのか…

納取湖を過ぎたら、サイクリングロードがあったので

一部、走ってみることにした



【北海道HP抜粋】 
網走市内の網走中央公園を起点に、網走湖、能取湖からオホーツク海沿岸を経てサロマ湖畔、サロマ湖駐車公園に至るコースで、その約70% (約 29km)が水辺を走る風光明媚なサイクリングロード。

コースは線形、勾配とも緩やかで快適な走行が楽しめます。

...だそう




サイクリングロードの途中にはSLが

車種は分かりません



全区間走っていないが、走った道路の様子はこんな感じだった

両側がずっと藪で

鹿とかもっと怖い動物

が出てくるんじゃないかなと心配になった (。>д<)


地元の人が熊よけの鈴をつけてた....

@@pでっ 出るのか

舗装は結構しっかりできており、段差はほぼなかった


※地元の住民が散歩しているので、すれ違うときは要注意!



藪から解放されると、景色の良いところに出たー

あれ〜 あれあれ〜

あれは、知床半島では

多分そう \(^o^)/

うぉー テンション上昇

元気出たぞ♪

今回の旅行で一番行きたい場所なのだ

明日〜

行くからな〜

よろしく〜お願いします



網走市内に入ると、網走川があり

川の向こう側には、あの有名な

網走刑務所が…

怖し(゜ロ゜)



網走刑務所の外観はこんな感じ

普通に街中にあった

意外だった

もっと人里離れた寂しい場所かと思ってたから....

写真撮影するとき、緊張した (/。\)


網走を後にして、目的地である斜里町in

宿泊地まであと少しなのだ〜

最後の力を振り絞るのだ〜

つづく


では

【回想5】分割 日本一周(北海道)3/7日目

  • 2014.12.03 Wednesday
  • 20:26
2013年9月27(金) 晴れ 

目的地:斜里町(しゃりまち)

06時起床、準備を済ませ

民宿 北雄

を後にする


今日の目的地の斜里町までの行程は、就寝前に決めた

『明日は出来るだけ距離を稼ぎたいので、目的地・宿泊地は、知床半島手前の斜里町にする』

....と、ネットでホテルも予約した

距離にして、ここ雄武町から斜里町までざっと

190キロ

恐るべし… 俺!

ほんとに行けるのか?


朝食は、コンビニのおにぎりで済ませ、

補給食を調達し先を急ぐ


北雄のおかみさんが言っていたように、

今朝も冷え込んだ

ソモソモ荷物のリストに入っていないのだが、

耳当てを持ってくれば良かったと思った


今日は、追い風ではないものの、

天気も (゜∇^d)!! で、道路もほぼフラット

いくぞ! 俺! オォー!  いやゴォー (^-^)/



何か途中、河口や海岸で釣りをしている人がいる

近くに、テントを張ったり、

キャンピングかーを持ち込んでいる人たちも

何を釣っているんだろう

興味がある

ちょうど、道路近くにいた人に聞くと、

サケを釣っている

とのこと

はじめて、このような光景を見たので驚いた

ウ〜ン、やっぱ北海道はすごいぜ

先を急ぐ...



そして、また疑問が

何で、北海道の信号は縦型なのか…

ただ、こんな馬鹿馬鹿しい質問は、

近くの通行人にも聞かないのだー

地元の人もたぶん分からないはず… だから


自分なりに解釈すると、北海道は雪が降るので、

信号機に負荷が掛からないように…

ではないかな


先を急ぐ…


しかし、まだあまり走っていないのに

おしりが超痛いぞ

具体的に言えば、おしりと、

サドルのフチが当たって痛い

今日は少し治っているかと思ったが、

全然、治っていない (ToT)



サドルのどこの部分かと言えば、

ここの部分がおしりの内側に当たって痛いのだ〜




サドルを上から見るとこんな感じ

灰色の部分が強烈に当たっている

いや、食い込んでる感じ


サドルを触ると.... 

ゲッ〜  クッション材が入っていない

今更だが

痛いはず (。>д<)


一応、冬用のサイクルパンツ(レーパン)を履いているが、

太りすぎでサドルに

ケツがくい込んでいるのかもしれない

自業自得 俺! 


ケツの位置や態勢を変えながら

進み続ける

斜里まで行けるかなー

不安がよぎってきた



まだまだ、先は長いぞ…

斜里の表示さえもない(斜里は網走の先だから....)

つづく

では

【回想4】分割 日本一周(北海道)2/7日目

  • 2014.12.02 Tuesday
  • 19:32
2013年9月26日(木) 宿泊先:民宿 北雄

18時頃、民宿に到着


日没近くになったら、急に冷え込んで、

手足が冷たい (*_*)

手袋もガチ冬物が良かったかも


民宿のおかみさんが、今晩は冷えるので部屋に

ストーブ

用意しときましたとのこと (*⌒▽⌒*)

九州人としては、まだ9月にストーブで暖をとるってことが、

そもそも考えつかないことなので、

ビックリしたが、とても嬉しかった

ウエア類の洗濯物も早く乾くし、良かった♪

あざーっす

本日の行程:147.8キロ



うーん、結構走ったつもりだったが、

北海道は大きいからあまり進んでない感じ

行程を改めて見ると、自分の小ささを感じる

それと、今日走っているとき、お尻が痛くなったぞ

痛い (。>д<)

明日に備えて、早めに就寝することに…

まあ、明日は痛みも和らいでいることでしょう



あっ、そうそう途中いくつか海に注ぐ河口があって、

何やらパシャ、パシャと魚が跳ねていたので

パチリっとな





サケのが跳ねていた様子だった

よーく、川の様子を見ていると、命の営みを終えたのか

力なきサケも確認することができた

ウ〜ン....自分もあと何年元気に

自転車もろもろを続けることができるのか

悔いなく、この命 全うしたい!!

ワレに七難、八苦を与えたまえ....

つづく

では

【回想3】分割 日本一周(北海道)2/7日目

  • 2014.12.01 Monday
  • 22:13
2013年9月26日(木) 晴れ 目的地未定

オホーツクラインを行けるまで南下する

06時30分起床、07時から朝食をとる

おかみさん曰く、オホーツクラインの途中には

素晴らしく綺麗な道路があるとのこと

そこは、

宗谷岬からオホーツクライン(国道238)南下し、
猿払村(さるふつむら)の浜猿払小学校前を左折し、
突き当たりを右折するそうだ
そこは、車通り少なく....とても素晴らしいとのこと
(5分ほど素晴らしさを力説)

ようは、とてとても素晴らしいから、

ぜひ行ってみなさいと言いたいのだ

でも、おかみさんは一度も行ったことがないそうだ

お客さんから素晴らしかったとの話を聞いたそうだ


分かりました

行ってみます

どうもありがとうございました

そして美味しい料理ご馳走さまでした

と言って、後にする


2日目出発進行


今日は、とてもいい天気だ \(^-^)/

気持ちがよい

少し肌寒いが、風は追い風

疲れもなく、どこまでも行けそうだ

180キロ離れた紋別市内まで行けるかも...


約30キロ走った「道の駅さるふ」にてトイレ休憩

ジャージの後ろポケットをゴソゴソ

あれ?これは?

ゲッ 民宿の部屋のカギだー


おかみさんの話が熱心で、カギ返却するの忘れてたー

おかみさんも、忘れてたー


今から民宿に帰るのは往復2時間のロスになる

どうしよう....

そうだ、最寄りの郵便局で郵送しよう

ということで、約2キロバックした郵便局で郵送した

すみませんでした (._.)

再度南下、おかみさんが話していた

猿払小学校前交差点

から素晴らしい道路に入る

しばらくして、牧草地になったところが これ↓




何か分からんけど、超素晴らしい

北海道だー

広いぞー

開放感MAXー

おかみさんサイコー

おかみさんありがとう \(^o^)/



走っていると、何か小動物の穴が至るところに

北キツネの巣穴かー?

ルールルルル

出てこない

先を急がねば




素晴らしい道路から、再び国道に出て

クッチャロ湖へ

白鳥が飛来してくる有名な湖だ

ぜひ見ておこう




ラッキー白鳥さんがいた (シラサギではないことを祈る)

白鳥をお尻からパチリ

顔はこっち向いてて良かった♪

あっ脚は一本なのか (*゜Q゜*)


先を急がねば


途中、腹が減ったので

江差町でラーメンを食べる


やっぱり、今日は時間がないので、

紋別は諦めて、手前の雄武町(おうむ)という所に宿泊することにした

観光サイトを見て民宿を電話で予約

ひと安心

つづく

では

【回想2】分割 日本一周(北海道)1/7日目

  • 2014.11.29 Saturday
  • 13:01
2013年9月25日(水) 宿泊:民宿 宗谷岬

今日の行程:53.4キロ



うーんいい感じ お疲れ様でした俺!

宗谷岬で夕日を眺めていると、

17時過ぎ今日の宿泊先である

民宿のおかみさんから電話がある

...ですけど、今どちらにいらっしゃいますか?

到着予定は16時頃で伺っていますが...

という内容

そうだネットで予約したとき、到着時刻を16時頃に入力したんだった

「今、宗谷岬にいますので10分ほどで伺います」
「どうもすみません」

宗谷岬を後に「民宿 宗谷岬」へ



17時30分、到着

民宿にしては造りが大きいぞ

さぞ、お客さんも多いんだろう

自転車を車庫の中に置いて玄関へ行くと、

おかみさんが出迎えてくれる

何か気さくな印象 良かった♪  

そして今日の宿泊者は私と他1組だそう

これまた良かった♪

先にお風呂に入りますか?食事にされますか?

迷わず、お風呂いただきます



食事がこちらです

どうでしょう 立派です

北海道は何度か来たことがあるが

食材が良いので何でも美味しい(*^^*)



宗谷岬と言えば ロシアビール?

メニューにロシアビールがあったので飲むことに

大のビール好きにとっては、ビールに国境なし

それと、冷酒も少々

ごちそうさまでした

明日は本格的に(行けるところまで)走るので

早めに就寝

では





 

【回想1】分割 日本一周(北海道)1/7日目

  • 2014.11.28 Friday
  • 21:44
2013年9月25日(水)走行距離:53.4キロ

前日、福岡空港から新千歳に着き、ただいま稚内空港に到着した

今日から10月1日までの7日間、分割日本一周を始める

荷物を持って外へ出る

さむっ(@_@)

まだ9月なのに北海道は冬がそこまで来ている

空港近くの電光温度表示は11℃

九州はまだ夏日の日もあるが、やっぱり北海道はすごい、いや寒い

冬用のウエアを用意して来て本当に良かった

今日は、あまり時間もないので、

空港〜野寒布岬〜宗谷岬〜宿泊所までの53.4キロ走行予定



稚内空港

人気はない

回りは草原?湿原?

自然とテンション上昇



ウィリ号を組み立てる

結構時間がかかる

どこも壊れていませんでした

良かった 良かった \(^-^)/




野寒布岬

遠くに見えるのは利尻山(利尻島)

うーんいい感じ








宗谷岬とうとう到着

来たぞ!!

日本最北端 (⌒‐⌒)

何かよく分からないけどスゲーぞ

最北端で日没を迎える 得に意味はない




宗谷岬の陸側はこんな感じ




間宮先生初めまして



稚内市内にて防波堤を発見!

何か芸術的




そして鹿の家族を発見

道路を普通に渡っていた

つづく


では





 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村 (*^^*)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

人気ブログランキング (*^^*)




selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM