【回想17】分割 日本一周(北海道)まとめ

  • 2015.01.06 Tuesday
  • 22:38
分割 日本一周 北海道編をまとめる

あっという間の7日間だった

走行距離:874.8キロ


振り返ると…

出発前は、ホントにどうなるかと思ったことがあった


リアディレイラーが折損したのだ

しかも、判明したのが出発日の1日前


原因は、自転車を4階の部屋に運んでいるとき

リアディレイラー部分を

壁にぶつけたからだと自分なりに分析している


発見状況…

出発準備中に手入れしていたら

あれ?

何かリアディレイラーの向きが…

くにゃって、なってないかい?

おかしいよな… 何だろう?

よく見る ゲッ (゜〇゜;)

折れてる

クランクを手で回すが、折損部分のチェーンが回んない!!


ヤバい 北海道行きダメなのか…


当時住んでいたのは、長崎県の五島列島の福江島っていうとこ

トライアスロン愛好者は知ってる人が多いと思う

ロードバイク専門などあろうはずもない

しかも、ウィリ号に使っているコンポが

カンパなんで、地元の知人から移植もできない


どうしよう… いろんな方法を考えた

福岡の中古パーツ屋さんに電話掛けて

在庫あるかどうか聞いてみたが

ダメだった

カンパ使用人口が、少ないし、

十年以上経っている品物なんで…


最悪 撃沈か


そうだ

ウィリ号を購入した長崎市内にあるショップに

連絡してみよう

購入後、一度も顔出していないので

相談に乗ってくれるか不安だが

仕方ない


店長に相談したところ

在庫はないが、店長のバイクから

移植していただけるとのこと

ありがとうございます


店長「ちなみにいつ来店しますか」

小職「今から用意してそちらに伺います」

小職「明日、福岡発の飛行機に乗らなくてはならないので…」

ということで、急きょ長崎に向かうことになった


時刻は、午後2時過ぎ

まず、交通機関を調べる…

都会のように電車があるわけではないし

自動車も使えない

フェリーであれば4時間

高速船であれば2時間

でも、船は出発したあと…

じゃあ、あとは飛行機しかない!!


飛行機で島の五島福江空港から

長崎県大村市の長崎空港へ飛んで、

空港でレンタカー借りて

小一時間走ってショップに持ち込む

ショップ到着予定は午後7時頃だろう

今日中に復旧させるには、この方法しかない


飛行機の時間はと…

うわー ゲッ あと1時間30分

この飛行機が最終便

これに乗らないと、北海道は行きはないかもしれない


急げー

何がいるんだっけ

先ずは自転車を輪行袋に入れよう

輪行袋に入れるの初めてで

うまくいかない

というか、袋に詰めるだけならば何とかなるが

飛行機に荷物で預けるとなれば

それなりに大事な部分を保護しなければならない

じゃないと… リアディレイラーの二の舞だ

もうタオルでグルグル巻いとけ!!


何とか自転車は納めたが、外したリアキャリアの搬送方法は

どうしよう

これ結構邪魔だよ


荷物は、輪行袋と荷物の入ったサイドバッグ2個

と外したキャリア

これらを持って移動できるか?

荷物メッチャ重いし… お手ては二本だよ


頭の中がグルグル回転する

そうだ、キャリアをサイドバッグの中に入れよう

キャリアを逆さまに入れて

空いたスペースに衣類等を入れる

よし 結構いいんじゃ


急げー


飛行機出発まで残り30分

マイカーに荷物積んで飛行場へ向かう

空港までは、10分ほど

出発前、20分弱でカウンターへ滑り込む

やれやれ


大村市の長崎空港着

レンタカー借りてショップへGO

午後8時過ぎ、ショップにて無事移植完了


良かった ホントに良かった

そして、お馬鹿なお話をお聞き入れしていただき

店長 どうもありがとうございましたm(._.)m

これで、北海道へ行ける


しかし、今日は疲れたよ

全く もー

俺の馬鹿 (#`皿´)

てなことで、翌日無事?

無事かどうかは分からないが、北海道向け出発することができた


いろいろ、出発前のこと書いたが、

ホントにヤバかった

次回は自転車買うときは、シマノが絶対いいよな

とも思った



本題に入る

北海道は、過去2回来ている

今はもう、なくなっている

オロロンライントライアスロン大会
(スイム2キロ、バイク200キロ、ラン42キロ)

に20代の頃、出場したためだ


トライアスロン大会で、自転車乗ってるとき

同年代の若者が自転車にたくさん荷物積んで

走っている見た

自分は、時間と闘いながら走っていた


横目に見て追い越して行くとき

のんびりとした自転車旅行も楽しそうだと

羨ましく思ったことがある


その羨ましさが、十数年経っても

心の中に残っていたし、光景が忘れられない


また、北海道を走ってみたい

今度は、ゆっくり、腹一杯、行けるところまで…


ついに、現実のものとなった


7日間、走ってみた感想…

日々の日記は書けるものの

一週間やそこらでは、北海道を語ることはできないと感じた

また今度、戻ってくる

そして、走っていない場所を走ってみたい

とだけ思っている


できれば、次回は夏がいい

熊が出ない時季


何か、まとめになっていないが

北海道は、まだまだ語るだけ走ってないこと


また、帰ってくるぜ北海道!!

次は新車で乗り込むぜ!!



この地図をピンクのマーカーで埋め尽くしたい


では









 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村 (*^^*)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

人気ブログランキング (*^^*)




selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM