【城・城跡6】松尾城(跡)

  • 2014.12.29 Monday
  • 19:44
2012年2月26日(日 )【移動:マイカー】

松尾城(まつおじょう)〔福岡県朝倉郡東邦村 所在〕

のいの助評価:★★★☆☆ 星三つ


東邦村HPから抜粋


松尾城は、戦国時代、宝珠山山城守という者の居城だったという。
東峰村宝珠山にある烏嶽城には、秋月氏の一族で郡士宝珠山遠江守という者が在城していたという記録があるので、松尾城主の山城守もその縁の者で、秋月氏の家臣だったと思われる。
当時、秋月氏は豊後の大友氏と攻防をくり返していたので、この城も幾度となく戦火に見舞われたことだろう。

天正15(1587)年、秋月氏が豊臣秀吉に降伏して、この一帯は秋月の支配から離れたため、山城守は、その後は小早川隆景やその子秀秋へと臣従した。
慶長5(1600)年、黒田長政が関ヶ原の戦いの功によって豊前中津から筑前に入国した後は、黒田の支配下となり、慶長6(1601)年、黒田長政は福岡本城の築城と同時に国境防衛のため6ヵ所に出城を設け、それぞれ重臣を配して守備につかせた。

とのこと



外観はまた今度…

さて、松尾城の登り口




ふむふむ、そうですか〜



登ること数分

山城でも小規模の山城なので楽々♪

城郭が見えてきた

もう主郭?



やっぱり主郭だった

二の丸、本丸はない



主郭入口

虎口

というそうだ

入口の石垣は一部崩壊している

崩壊した石垣には、切り出し時の

石ノミの痕が残っている

こういう痕跡も好き



案内板を見る…



主郭下段の状況

ほんと綺麗に整備されている

芝生が敷き詰められているようだ




ここは櫓台跡



櫓台付近から虎口側を見た状況



下段に石ころが…

お決まりのあれ

基礎石

この石の上に建造物を建てた



主郭の北側の状況

北側は深い谷になっている

急な斜面には畝状竪堀が認められる

武具を着けてこの斜面を登るのは

困難だろうな〜



望遠できるのは英彦山方面



南東側の状況



南西側の状況



南側の曲輪跡




上段から主郭の縁を見る

ほんと綺麗だね

宅地にしてもいいかも

でも、ここは城跡…

夜な夜な(;¬_¬)ものが出そう



北側の石垣の状況



西側の石垣



南側の石垣



南側斜面の状況

北側よりも若干緩やかに見えるが斜度はある


感想

小規模や城だったが、

石垣、竪堀、曲輪が綺麗に残存している

個人的には、守りには不向きなので

戦用の城ではなく

行政上の城であったように感じた


では


 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村 (*^^*)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

人気ブログランキング (*^^*)




selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM