【城・城跡13】 感状山城

  • 2015.05.07 Thursday
  • 13:00
2012年2月10日(金)晴れ

感状山城(かんじょうさんじょう)〔兵庫県相生市〕

のいの助評価:★★★★★ 星五つ

※好きな城:暫定ナンバー1


感状山城の名前の由来は、中世「赤松則祐」がこの山で「新田義貞」軍を凌ぎきり、赤松氏が足利尊氏に感状を頂いたことによるそうだ。
築城は鎌倉時代という説もあり、その他詳細は不明であるが、長い間、赤松氏の支城であったようだ。


まずは、外観

中世の山城らしく、どこに城があるのかわからない

c 058.jpgc 059.jpgc 060.jpg

↑木々が薄くなっている上の部分が主郭

入口は、分かりやすく

城跡までは、登山道が整備されている

■入口

c 056.jpg
c 008.jpgc 009.jpg

■物見岩から主郭を見た様子

c 012.jpg

物見岩の左手の先は、出曲輪がある

c 014.jpg

■出曲輪の様子

c 053.jpg
c 055.jpgc 054.jpg

■南曲輪群

c 035.jpgc 038.jpg

南曲輪から町を見た様子

c 039.jpg
c 051.jpg
c 044.jpg

c 042.jpgc 043.jpg
c 041.jpg
c 036.jpg

■虎口の階段

c 046.jpg
c 048.jpg
c 049.jpg

■本丸南の曲輪の様子

c 025.jpg
c 026.jpg
c 027.jpg
c 028.jpg
c 029.jpg
c 030.jpg
c 031.jpg
c 032.jpg

本丸南の曲輪から本丸を見た状況

c 033.jpg

本丸下の石垣

c 022.jpg

■本丸の様子

c 016.jpg
c 018.jpg

本丸は、意外に広く、平べったい

c 017.jpg

基礎石がゴロゴロ残存しているので、

ここに建物があったのだろう

c 019.jpg

■南側を望見した様子

向こうには、海が見える

c 040.jpg

■東側の様子

c 052.jpg


感想

この感状山城、今までに行ったことのある城の中で、一番興味深いし、好きだ

手つかずの、石垣や基礎石が何とも趣がある

基礎石の数が、相当数認められたので、大きめの建物があったのだろう

それと、こんな場所に井戸があったのは驚き

地元、九州の山の土は、粘りけのある軟らかい土なのに、この地方の山って、土が硬いのには意外だった

天守や曲輪跡には、草があまり生えた形跡ないし.....

事前の準備ができていなかったし、時間なかったので、ゆっくり見ることができなかったが、絶対また行くことにする


今まで、この城のこと早く投稿しようと思っていたが、後回しになった次第


では
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村 (*^^*)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

人気ブログランキング (*^^*)




selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM