レース後のランカウイ(その3終わり)

  • 2017.12.30 Saturday
  • 19:51

しばらく、投稿がご無沙汰でしたけど

アイアンマン・マレーシア2017関連の締めくくりたい

 

レース翌日朝、バイクをレセプション会場に取りに行く

まだまだみんな取りに来ていませんね

 

IMG_1028.jpg

レースの際、どしゃ降りの大雨だったので

自転車が泥まみれ

 

IMG_1031.jpg

 

明日帰国するので、ホテルに帰って荷造りをした

ホテルには、洗濯機もないし、近くにコインランドリーもないので

汚れたウエアやシューズ、ソックス類をビニール袋に詰めて

バイク用の輪行箱に詰める

汚れたバイクも詰める

誰でも一緒だと思うが、トライアスロンって荷物多いから

レース前後の移動、それから特にレース後の後片付けが大変

 

荷造りを終えたので、残り時間はフリー

楽しみにしていた食事に行くことに

 

今日は沢山食べるぞー!

 

まずは、マレースタイルの昼食

以前ランカウイに訪れた際にこのスタイルが気に入ったので

今回も是非とも訪れたかった場所の一つ

 

タクシーで移動中は、所々に食堂があるんだけど

どこがいいのか分からないので、

町中でタクシーを降りて歩いて見つけることにした

見つけるとなると、これがなかなか見つからない

レース後にあまり歩きたくもないし

 

もう町外れに差し掛かり、歩き疲れたとき

ありましたよ、ありました

こういう食堂を探していたんです

 

IMG_1040.jpg

 

店内は、広く、とても活気があります

お客さんも多いですが、全て現地の人だと思います

料理の品数も多く、何を食べるか迷いそう

全体的に、茶系ですが、これがマレースタイル いいです

 

IMG_1039.jpg

 

IMG_1041.jpg

 

最初に、平たい大皿にライスを盛ります

次に、ライスの横に食べたいおかずを盛っていきます

別皿もOK

 

IMG_1036.jpg

 

最終的に、ライス+ステーキ2切れ+野菜炒め

+野菜と貝(何か)の炒め物+牛の内臓(ホルモン)汁

を食すことにした

皿に盛ったあとに、お会計

換算すると、日本円で700円位か

決して、安くはありません

 

IMG_1042.jpg

 

ランカウイは島なので、魚料理が沢山あって

現地の人は魚の素揚げを素手でがっついていたけど

この日は、肉が食べたくて肉ばかりを選んでしまった

 

味は、ステーキはメチャクチャ硬く、硬いゴムを食べているようなもの

歯で切ることは困難であり、とうとう手を使って分解した次第

 

野菜炒めは想像通りで、

野菜と貝(何か)の炒めは、少し酸っぱい酢の物だった

一番美味しかったのは、牛のホルモン汁

イスラム教は豚肉は食さないので、牛だと思っている

本当は何の肉か分からないが、これは美味しかった

ホルモン特有の臭みを消す香草が抜群でした

 

食事の途中から大雨、食堂を出るとスコール

入店前は、雨の気配はなかったが、もうどしゃ降り

傘を持っていないので、大通りにタクシーを拾いに行くこともできない

それにしても、現地の人って傘ささないんだ

 

IMG_1043.jpg

 

一端ホテルに帰って、リラックスタイム

ホテルは、食堂から15キロ位しか離れていないけど

まったく、こっちは雨が降った形跡がない

 

休憩を入れて、再度、夕刻食事に出る

 

次の目当ては、レースや移動途中に目にした海辺の屋台

屋台の周辺は、砂浜で乗馬があったり

家族や友だちがくつろいでいたり、ゆったりした場所

 

IMG_1044.jpg

 

IMG_1046.jpg

 

IMG_1047.jpg

 

海岸の直ぐ脇に、テーブルがある

証明がないので、夜はテーブルを全部たたみ、昼前から再度設営を行っている

 

IMG_1050.jpg

 

厨房は、トラックの荷台で

フロントガラスにメニュー表が掲げられている

 

やっぱり魚料理が売りのようだが、ここは現地の人が

食べている物を選ぶことにした

 

IMG_1051.jpg

 

デンプン質の麺に独自のソースを絡めた

日本で言う「焼きうどん」

魚肉ソーセージ串とココナッツジュースかな

全部で500円位 

 

味は、イマイチだった

お客さんも、ランカウイに観光に来ているタイ人やマレー系の人だと思う

 

IMG_1049.jpg

 

次に、ランカウイで現在、最も活気のある待ちに繰り出した

CENANG(チェナン)っていう街

レースのフィニッシュ地点でもある所

(KUAH(クア)という島の中心的街もあるが、今は少々さびれている印象)

 

チェナンの夜の街を歩いたが、マレー国内外の観光客で大賑わいだった

特に祭りも、イベントもしていないが、とても活気を観じる

 

最後は、また肉料理

ここは、レストランで観光客向けの店

肉料理(ポテトセット)、マンゴージュースを注文した

たぶん、1800円位かな

 

IMG_1062.jpg

 

IMG_1063.jpg

 

IMG_1061.jpg

 

レース終わったら、お腹すいて、食べても、食べても満足しない

肉ばっかり食べたくて、帰国してもしばらくはこの調子だった

 

15年ぶりのランカウイだったが、全体的に生活水準が向上している印象

以前は、街中で走っているクルマは日本の中古車が多かったが

今は、日本車をはじめ、日本と合弁で製造した新車や欧米高級車も多かった

 

以前、タクシーは日本中古車が多かったかな

 

また、以前は食事も300〜500円位あれば腹一杯だった印象だが

現在は、日本とあまり変わらない印象があった

 

あと、以前のレースはアットホーム感(出場者300人程度)があり、

現地の子供達の応援が盛大で、励みになったけど

現在は、大規模レースとなり、継続、開催されているので

現地の子供達の反応もマンネリ化のためか、イマイチで少し寂しい

 

こんな感じで、アイアンマン・マレーシアを楽しみました

まだまだ、旅費は安価なので、

一度は、行ってみる価値のある場所だと思います

 

では

 

 

アイアンマン・マレーシア2017完走・感想(その2)

  • 2017.12.09 Saturday
  • 21:46

11月11日

 

  IRONMAN Malaysia

 

大会当日

 

当日の朝の気象・海象は、

くもり、風なし、海上は平穏(なぎ)、

海中の透明度かなり悪い、海水温24〜25℃かな

東南アジアの海って、透明度高いと思っている人思うけど

日本に比べてかなり悪いと思う

ランカウイは、前回同様、透明度悪し

 

【スイム】3.8km

スイムスタートは、ウェーブスタート

原則、スイムキャップ毎に別れてスタートするみたいだが

特に制限もないので、適宜の位置に並んでスタートした

 

若い頃は、プロ・男性・女性、年齢問わず一斉にスタートするのが

醍醐味だと思っていたが、年取ったせいか、

ウェーブスタートもありかなと思うようになった

それは、スイムでバトルに遭わなくて良いから

 

スイム練習してなかったので、3.8キロっていう距離感が分からなくて

まあ長いこと、長いこと............

三角形のコースを2周回

各コーナにあるブイが遠いこと、遠いこと............

やっとやっと、上陸した

やばい、ゆっくり泳いだつもりではあるが

ウェットスーツなしなので、結構、脚を使っている

 

52_m-100799132-DIGITAL_HIGHRES-2087_072125-13940772.jpg

 

【バイク】180.2km

やっと、バイクだが

前半から、登り坂がいくつもある

長い登りではないが、10%を越える斜度もある

脚がだるい

スイムと先週のフルマラソンの疲れが残っている

バイクコースも過酷だ

 

途中「くもり」から「晴れ」になり、

そして「大雨」のち「くもり」になった

また、天候も過酷

 

17_m-100799132-DIGITAL_HIGHRES-2087_032650-13940737.jpg

 

途中、小さな子供達がボットル!ボットル!

って沿道で言って、ボトルを集めていた

この光景は、前回も同様

 

10_m-100799132-DIGITAL_HIGHRES-2087_018100-13940730.jpg

 

【ラン】42.2km

バイク終わって、ソックスが泥だらけになったので

トランジットエリアにて、水で足の泥を流して

新しいソックスに履き替える

 

さあ、いよいよランニング

11月11日とはいえ、流石はランカウイ 蒸し暑い

 

走り続けると、体温が上がるので

体温が上昇しすぎたら、少し歩いて体温を下げる

また、エイドでは必ず、少しでも水分補給をする

 

この画像見ると、相当いってる感じ

そういえば、途中、仮設トイレに入ったとき

頭がクラクラして、倒れるのかと思ったときがあった

身体も火照っている

 

この状態で、医師の診断受けたら

間違いなく、「熱中症」って言われるだろうね

 

27_m-100799132-DIGITAL_HIGHRES-2087_049348-13940747.jpg

 

24_m-100799132-DIGITAL_HIGHRES-2087_047695-13940744.jpg

 

もう長いこと、長いこと

コースの途中、殆ど距離表示がなかったし

また、自分の認識不足でフィニッシュ地点を間違ってて

気が遠くなるくらい、先にフィニッシュが待ち構えていた

 

最後は、超苦しいけど、最高の「笑顔」で Finish!

 

31_m-100799132-DIGITAL_HIGHRES-2087_053818-13940751.jpg

 

この写真も笑顔だけど、

ほんとは、このポーズの時、立っているのもやっとで

(バランス取れなくて)後ろにひっくり返り(転ぶ)そうだった

 

42_m-100799132-DIGITAL_HIGHRES-2087_067057-13940762.jpg

 

よい思い出、よい記念写真を残すことができました

今回の苦しみは、一生忘れることないでしょう

 

では

アイアンマン・マレーシア2017(その1)

  • 2017.11.23 Thursday
  • 14:03

11月11日マレーシアのランカウイ島で開催された

  IRONMAN Malaysia

に出場した

 

前回出場は、平成14年だったので15年ぶり

町の様子や、大会がどのように変わったのか楽しみ

 

でも、10月末に自転車で転けて、ケガを負って万全ではない

出場費や旅費を支払っているので、とりあえずスタートラインには

立ちたいと思う

旅行気分で挑みましょう

 

11月9日15:30、北九州を出発

福岡空港からLCCのPeachで関西国際空港に移動

その後、出国手続きを経た後、

LCCのエアアジアにてクアラルンプール国際空港へ

その後、

11月10日エアアジアでランカウイ国際空港に到着した

 

自転車は昨年購入したコーワ株式会社製の

BTB(Bicycle Transportation Box)という製品

日本語では輪行箱 ¥4,980−

(箱の下に取り付けるキャスターのオプションもある)

で輪行することにした

 

【バイクケースについて】

バイクケースについては、海外行きということもあり

頑丈な製品も検討してみたが、高価なため断念した

 

【自宅からの空港までの輸送について】

今回、自宅から関空まで輪行箱(大型荷物)を輸送した訳だが

事前に宅配業者を調べてみたところ

 

■クロネコヤマト ×(不可)

H29年6月から取扱いサイズを見直ししたため

上限なし → 3辺の合計が200cmまで、30kgまでの制限

■佐川急便 ○(可能)

佐川の飛脚ラージサイズ宅配便(

3辺の合計が260cm以内+50kgまでの制限

であった

※クロネコヤマトの制限は、殆どのバイクケースがクリアできないはず

 

関空の「関西エアポートバゲージサービス」から

(JALの荷物預かりサービスは規格外のため取扱いできず)

輪行箱を引き取り、エアアジアの搭乗・受託荷物手続きへ

輪行箱の受け取りについて係員に確認したところ

受取りはランカウイになるとのこと

今回は関空〜クアラルンプール〜ランカウイまでがエアアジアなので

受け取りが最終到着時になるが、途中、航空会社が違うと

経由地の空港で一端荷物を受取り、再度、別の航空会社に

受託する手続きが必要になる(経験はないがそうなるはず)

 

今回はクアラルンプールでの受取りはないが、本当にランカウイの空港で

この輪行箱が出てくるのか、少し心配

 

他に心配していた電動コンポ(Di2)のバッテリーについては

何も触れられなかった

 

関空でのチェックイン前の状況

IMG_0971.jpg
 

LCCなので航空機のクラスはもちろんエコノミーであり

9日の15:30に北九州を出発して、現地に到着したのが10日08:30ころ

だったのでさすがに疲れたし、お尻が痛かった

 

ランカウイ国際空港に到着した航空機

赤を基調とした派手なデザイン

添乗員も真っ赤な着衣でした

IMG_0972.jpg

 

心配していた輪行箱が奥の大きな観音扉から出てきました

IMG_0976.jpg

 

先ずは、ホテルに行って

バイクを組み立てることとします

 

空港からの移動も考えて、ホテルは空港から徒歩5分弱の場所にある

センチュリーヘランホテル

にした

 

チェックインは15:00〜だったが、係に今すぐチェックインがしたい旨を

伝えたところ、快く許可してくれた

伝えたと言っても、私、英語が全くダメなので、

チェックインOK?と言っただけ

...というか稼働率が低くて、単に部屋が開いているだけなのだろうが

 

ロビーがとても広かったので

ロビーの片隅でバイクを組み立て、部屋に荷物を置いて

 

受付会場へと移動

会場も歩いて3分程とホテルの直ぐ近く

 

会場内へ進むと、アジア系外国人が多い

日本人もいることはいるが、マレー系、中国系が多い印象

 

先ずは、受付 

レースナンバーは668

 

IMG_0992.jpg

 

その後、日本語の競技説明に参加できなかったので、英語の競技説明に参加した

(英語が全くダメなので、スライドで説明される図や画像で理解している状況)

 

IMG_0978.jpg

 

その後、一端ホテルに帰って

各会場に、バイク、バイク・ラン用の荷物を預けるため

シューズや補給食、空気圧、メーター等の用品・バイクの最終準備をした

 

ホテルから約20キロ弱の地点にあるスイム会場までバイクにて移動

途中、ランカウイの町を見物しながら移動する

 

IMG_0987.jpg

 

やっぱり、民家や道路標識を見ると海外にいるんだなって実感する

 

IMG_0988.jpg

 

町中にはやたらとマレーシア国旗が目立つ

 

IMG_0989.jpg

 

スイム会場に到着すると

まず、バイクを自分のレースナンバーあるラックに掛けて

 

シューズ、ヘルメットなどバイク用品の入ったバッグを

トランジットエリアにセッティング

 

IMG_0993.jpg

 

次いで、スイム会場前で

タイム計測用のチップを受け取る

 

チップ受取後、スイム会場を確認したが

海上は凪で、うねりや波はないが透明度は悪そう

 

このコースを(1周1.9キロ)2周回か〜

果てしなくなげ〜な

正直、スイム練習は一回もしていない

たぶん、一年以上泳いでいないよな〜 

かなり、不安になってきた.....

 

いやいや、今回のレースは楽しむために出場しているので

練習と思って、ゆっくり泳げばいい

と自分に言い聞かせる

 

IMG_0998.jpg

 

IMG_0996.jpg

 

IMG_0997.jpg

 

こちらは、バイクラックの状況

ハーフアイアンマンの同時開催日なので

台数もかなり多い

全部で800台位あるんじゃないかな

 

IMG_1001.jpg

 

IMG_0999.jpg

 

スイム会場を離れる前に腰掛けにちょうど良い金枠があったので、

腰掛けようとしたところ

なんだ! ヒアリじゃ!

よく見ると、ヒアリじゃなさそうだが、アリのあご、メチャ大きいぞ

噛まれたら相当痛そうなので即退散することに

 

それにしても、現地の人って平気で草むらに腰下ろしてるけど

大丈夫なのだろうか

 

15年前に来たときは、10数階にあるホテルの部屋に泊まったが

ここに小さいアリが住み着いており、私と同部屋だった人、

それに隣部屋の日本人女性二人も体のあちこち噛まれた

 

お・そ・ろ・し

 

IMG_1003.jpg

 

では

今日は良いトレーニングができましたヽ(*^^*)ノ

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 22:33

2017年10月11日(水)

 

はじめに今日は良いトレーニングができました

 

今日休みだったので、トライアスロンのトレーニングとして

バイク+ラン(バイクからのラン)を行った

 

天気も良く、本当に気持ちよい一日と思いきや

夕刻から、急に雲行きが怪しくなって

雨に打たれるかと思った ギリギリ持ちこたえた

 

バイクからのランは、時間的に余裕がないため

いつもできる練習ではないが

トライアスロンのトレーニングの仕上げとして行っている

 

バイクコースは、坂道を多用し脚をパンパンになるまで使う

それからのラン、ランもダラダラ走るのではなく

キロ5分前後で5〜6キロ

バイク後のランって、5〜6キロが一番キツいんだよね

それ以降は、ランの脚になってくる

 

バイクは、100キロ位だが獲得標高は約2500m

しかも、負荷をかけるため、秘密のウエイト付き....

 

171011.png

 

途中、稲刈り後の田んぼに「かかし」何体も居て楽しませて貰った

 

IMG_0546.jpg

 

IMG_0547.jpg

 

IMG_0549.jpg

 

 

最後にクルマを駐車している駐車場には

猫が5、6匹たむろしていた

 

近くに民家は全くないので、誰かが定期的に餌を持ってきているのだろう

人間に慣れている様子で、クルマの近くに来てリラックスしていた

 

IMG_0552.jpg

 

 

猫は嫌いではないので、撫でてあげたかったが

山に住む猫は、マダニと接触している可能性があるのでNG

 

ということで、バイク、ランともになかなか良い感じに仕上がってる

 

では

福岡トライアスロン無事完走【大満足】(^^)

  • 2017.07.02 Sunday
  • 21:22

今日は、始めて開催される「福岡トライアスロン」に出場した

 

タイムは、3時間5分位

スイムは、全くダメ(こんなもん)

バイクは、平均(まあ、こんなもん)

ランメチャクチャ蒸し暑かった

でも、日々のラントレの成果で、最後のランが後半にかけてキレッキレだった!

大変満足(^^)

 

コースについて

【スイム】

スイム会場は、福岡湾内ではなくて外海側

透明度もよく、泳ぎやすかったかな

 

【バイク】

一般道を貸し切り状態で志賀島を3周回

海・島・山など景色がメチャクチャ綺麗だった

沿道の応援もそこそこ

 

【ラン】

アップダウンがなく、公園内を2周回

松原の中と湾内側沿道を走ったが、

松原が程よい木陰となりとても走りやすかった

 

問題点・改善要望について

【問題点1】警備員問題

初めての大会でいろいろ事前対策も整っていないと思うが

大会当日、駐車場のA・B駐車場の案内が全くダメ

 

B駐車場の近くに来て、駐車場の入口を確認するため

入口付近の警備員に尋ねたところ....

 

警備員曰く、

「他の人に何回も聞かれていますが、私は何も知らないんです」

 

私が思うに....

「お前、何しにここにいるんだよ」

「全く誘導しない、尋ねても分からない、何ら把握していない」

「自分の役目を自覚していない」

「全く意味なし!ハウスッ!」犬・猫と一緒

 

 

【問題点2】バイクコース問題

小さな島の周回だったので、どうしてもコーナーはつきもの

キープレフトを厳しく指導していたが

そこそこタイトなコーナーでは、バイク同士の接触が原因で

転倒したと思われる「けが人」を4,5人見た

タイトなコーナーでは、みんな内側に寄るので

コーナーだけでも、道幅の確保が必要だろう

 

 

【問題点3】ランのエイド問題

バイクコースのボランティアは、わんさかいたけど

ランエイド(特に松原の中)のボランティアは、

とても少なく、大変そうだった

 

最後に、

景観、アクセスはとても良かったので

これらを改善して、長く継続して欲しい大会と感じた

 

スイムフィニッシュからトラジションまで

約600mの移動も名物になりそう

 

では

今シーズンのトライアスロン大会

  • 2017.04.03 Monday
  • 20:31

今シーズンのトライアスロン大会なんだけど

 

■全日本トライアスロン宮古島大会

過去何度か申し込んだが全て落選だし

年度当初は仕事の都合でだめ

【エントリーなし】

 

■五島長崎国際トライアスロン大会

第一候補だったが、今年はエントリーに間に合わなかった

年々、希望者が増えているようで、数年前は定員に達するまで

2〜3ヶ月掛かっていたけど、今年はたった数日で定員到達により受付終了

【エントリーなし】

 

■全日本トライアスロン皆生大会

こちらは、時季的に敬遠している

夏は走れない

【エントリーなし】

 

■佐渡国際トライアスロン大会

最後に、ここならばと申し込みしたけど、抽選もれ

【エントリーなし】

 

■国内のショートトライアスロン

魅力を感じないためエントリーなし

 

日本国内のロングトライアスロン大会出場は全て不可となり、

何か代わりになる過酷な大会を探したけど

日本国内では見つからなかった

 

どうしようか考えていたが、日本がダメならば

目を向けるところはやっぱり海外

 

 

ざっと一覧になっているものは、こちらのホームページ

グッディースポーツさんのトライアスロンレース情報

http://www.goodwilltour.com/triathron.html

 

海外はいろいろありますね

時季も場所も距離も予算も、自分の都合や希望に合わせられる

 

今から選ぶんだったら、練習(準備)ちゃんとしたいし....

予算や渡航期間、時期的なものを全て勘案すると

やっぱり、ここかな〜

 

決まりました今シーズンのトライアスロン大会は

2017年11月11日(土)マレーシア・ランカウイ島で開催される

 

IRONMAN Malaysia(アイアンマン・マレーシア)

 

出場大会が決まると、もう、いてもたってもいられないので

早速、IRONMANサイトにアクセスしてエントリー完了しました

そして、個人で航空券とホテルも予約してしまった

(どちらも決済済み)

 

11月に何が起こるかも知らないし、仕事が忙しくなり

もしかしたら、出場できないかもしれない

 

でもね最近

いつ、ここで、こんなコースのこの大会に出るんだ

そして、この大会でるためにエントリー完了して金納めてんだ

っていうような目に見える具体的な目標がないと、

モチベーションが保てないんだよね

 

では

トライアスロン大会に必要な物(道具・荷物)のまとめ

  • 2016.06.13 Monday
  • 22:05
6月13日(月)くもりのち晴れ

いよいよ、最終週(6月13日)
今月19日(日)は、トライアスロン大会
用意する物 準備する物 持って行く物
ここで、トライアスロン大会に必要な物をまとめてみる
ここでは、ロングトライについて考えよう!
(必須)・・・誰でも必要
(個人)・・・個人的に必要
(支給)・・・大会運営者から支給される物
〔重〕・・・・重複する物

■スイム前に身につけている物&スイム前に必要な物
・トライアスロンウエア(必須)又は水着
・ウェットスーツ(必須)
・スイムゴーグル(必須)
・スイムキャップ(支給)
・コンタクトレンズ(個人)
・ワセリン(個人)
・日焼け止め(個人)
・テーピング(個人)
※テーピングはランに備えてマメのできやすい箇所に貼っておく

■バイク前に身につけている物&バイク前に必要な物
・トライアスロンウエア〔重〕(必須)又はバイクウエア上下
・バイク一式(必須)
(サイコン、DHバー、ボトル、替えチューブ、工具類含む)
・ヘルメット(必須)
・サングラス(必須)
・バイクシューズ(必須)
・ゼッケン(支給)
・ゼッケンバンド(個人)
・インナーキャップ(個人)※当日の気温によっては省く
・グローブ(個人)
・ソックス(個人)
・補給食(個人)
・点鼻薬(個人)※鼻炎持ちのため
・胃薬(個人)
※当日の体調によりゲップが止まらなくなることがあるため

■ラン前に身につけている物&ラン前に必要な物
・トライアスロンウエア〔重〕(必須)又はランニングウエア上下
・ランシューズ(必須)
・ゼッケン〔重〕(支給)
・ゼッケンバンド〔重〕(個人)
・ランニングキャップ(個人)
・サングラス(個人)
・ウエストポーチ(個人)
・ソックス〔重〕(個人)※バイクとランで履き替えても良い
・補給食(個人)
・点鼻薬(個人)
・胃薬(個人)
・スマホ(個人)
・イヤホン(個人)
※個人的にスマホでネットラジオを聴きながら走ると気が紛れる

■移動、宿泊時に必要な物
・普段着(着替え、寝間着を含む)
※夏季でも薄手の長袖は必ず用意した方が良い
・シューズ
・サンダル※大会当日に履くため
・アメニティー一式など
・衣類等を入れる大型のリュック(バッグ)
・バイクケース

■その他
・財布(お金)
※小銭入れと大銭入れ二つあればベター!大会当日は、小銭入れを使うと良い
・カード
・保険証
・JTUカード
・大会要項
・薬
・スマホ
・カメラ
・充電器(モバイルバッテリー等(Di2用含む))
※Di2用の充電は、輸送前に済ませるのが良いが、
移動先で充電が必要な場合はモバイルバッテリーで行うとよい
・小型のスタンド式空気入れ
・プレッシャーゲージ
※空気入れなしで行く方法もあるが、他人頼りはあまり好きでない

↑まあ、こんなもんかな↑
必須品とお金を忘れてなければ、移動先でもなんとかなるんじゃないかな


↓ここからは、実際準備した物の画像を見ていただこう↓

■バイクケース
段ボール製、BTBで検索すると直ぐに出てくる
安いし、折りたためるし、何より分解が簡単!!
かつ、空いたスペースに荷物がたくさん入る
P1010036.jpg
P1010040.jpg
P1010037.jpg

↓今回はオプションで車輪を付けた
マジックテープとバンドで固定なので取り外し可能
P1010038.jpg

↓こちらもオプションの段ボール製の枠?
これが、以外と便利
P1010043.jpg

枠を持ち上げて、ケースの中に....超簡単
ちなみに、DHバーは装着のまま収まりました
P1010044.jpg

空いたスペースにウェットスーツ、シューズ、ヘルメットなど
たくさん入るぜよ
P1010045.jpg

あれ、画像の順番間違ったかな...
↓下の荷物をバイクケースの中に納めた次第

■トライアスロンウエア
(スイム・バイク・ラン全てこのウエアで通すつもり)
P1010021.jpg

■ウェットスーツ
たぶん16年前の製品 袖口が劣化しているが特段支障なし


■スイムゴーグル
コンタクトを装着して泳ぐので、海水の浸入が極力少ない製品が良い
今のところ、このゴーグルがGood
P1010031.jpg

■バイク
(DHバー、工具類、捨ててもいいボトル、小物入れ、泥よけを含む)
最近、サドルの下に簡易の泥よけを付けて走るのがお気に入り
もしかしたら、大会当日、雨が降るかもしれないので装着している次第
P1010007.jpg
P1010009.jpg

↓このボトルはバイクスタート時のボトルで、途中のエイドで捨てる物

バイクボトルは、1本で十分!
途中、エイドステーション毎に替えのボトルを貰えば十分足りる

当日は、軽量化のため、工具類が入ったポーチも外して走ろうかな
P1010011.jpg

トップチューブのバッグ(小物入れ)
P1010012.jpg

DHバーの小物入れ(かなりの年期)
P1010013.jpg

■ヘルメット
P1010014.jpg

■バイクシューズ
P1010016.jpg

■ランシューズ(ニューバランスの4Eタイプ)
シューズは、どちらも簡単に水洗いした(少し早くなった気分)
P1010015.jpg

■バイクグローブ
P1010017.jpg

■キャップ(インナーキャップ)
P1010018.jpg

■サングラス
P1010030.jpg

■ソックス(右がバイク用、左がラン用でラン用は特に履き慣れた物が良いと思う)
P1010020.jpg

■アームカバー(夏季用)
日焼け対策、低温の日は少々の防寒対策にもなる
P1010023.jpg

■腕時計(ソーラー電池で電波時計の製品)
P1010029.jpg

■ゼッケンバンド(何でもよい)
P1010028.jpg

■ランキャップ(汗が出るので汗対策のため)
P1010025.jpg

■予備のランウェア
トライウエアでの試走は何度かしているが、合わない、摩擦が大きいなど
ウエアにトラブルがあった場合のため、いつも練習しているウエアを予備で用意する
P1010022.jpg
P1010026.jpg

■ウエストポーチ(ランの時、スマホを入れるため)
P1010032.jpg

■アメニティー類
全て自分にとっては大切な物

おっとっと、ロキソ・・はあくまでもお守り!
どの大会でもまだ使ったことはない 痛みに耐えるのも一つの醍醐味と思っているので
P1010035.jpg

そして、本日、多くの荷物が入ったバイクケースを宅配便に預けた
無事届いておくれ

それにしても、トライアスロンの荷物って多いな
後片付けが思いやられる

では

トライアスロンウエア購入!ヽ(*^^*)ノ お・き・に・い・り

  • 2016.05.23 Monday
  • 22:15
5月23日(月)晴れ

来月、6月19日(日)に
長崎県五島市(福江島)において開催される
「五島長崎国際トライアスロン」
通称 バラキン
まで一ヶ月を切った


最近、ウエアを買っていないし
そもそも、体型がトライアスロン体型じゃないんで
入らないでしょ

無理して着てみたところで
苦しくて、競技できないような気がする


でもでも、最近、トレーニングが順調なのか
体型がだいぶ変わってきた

体重も2キロほど減ったし
体脂肪も16%台を推移している

体型が変わってくると
おじさんにも係わらず、タイトなウエアを着てみたくなる

最近のトライウエア事情は、どんなものか?

チャリ雑誌見てたら
KAPEL MUUR/カペルミュール
に今年初めて、トライアスロンウエアが出たとのこと

カペルウエアというと、お洒落なイメージだが
レーシー、スポーティーな感じは一切無かった

しかし、この新作トライウエアなかなかいいと思う
どこがいいかというと、デザイン!!

先日、福岡市内のコンセプトショップに行って
試着したところ

パンツはM、タンクトップはLがいい具合
(サイズもちょうど良かったのだが、このカラーは下M、上Lしか置いてなかった)
早速購入

価格等は、メーカーHPまで

P1000941.jpg
P1000942.jpgP1000943.jpg
P1000944.jpg
P1000945.jpg
P1000946.jpg

大会前に、何度か実践さながら試着しようと
チャリトレに上下着用してみたが
なかなか、良かった

パンツのパットは、メチャ薄だったけど
何ら違和感なかったし、お尻の痛みも殆どなし
ホントは、サドルの相性が多大なのだか....

タンクトップには、後ろポケットがあるけど
あまり、補給食など入れない方がいいと思った

ポケットに、バナナやジェルなど入れると
肩に負担が掛かるので、できれば身軽な方がいいと思った次第

やっぱり、露出の多いウエアってテンション上がる

では

アヒルじゃない!たぶん白鳥の子<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

  • 2016.05.11 Wednesday
  • 21:19
5月11日(水)雨のち晴れ

今日は仕事休みだったので、自転車乗ろうかと思ったけど
午前中は雨模様
昼からは、雨が上がったのでチャリやめて
ラントレすることにした


最近、ラントレはチャリで脚を使ってからの〜
ラントレをしていた

でも今日は、久しぶりにラントレだけ
はっきり言って、ランだけだったら、楽だね

20km超えても、まだまだ物足りない感じ
調子に乗って、34km走ってしまった
スピードは遅いし、最近、体力が付いているせいか
疲れもあまり感じない
少し、強くなっているんじゃないかな

雨上がりの午後は、メチャクチャ空気が透き通って
気持ちよかった 気温も17℃位でラントレには最適!

先日(GW)、猛烈強風のさなか、アヒルの親子が
ため池にいたので心配していたが

今日は、父、母と子供2匹がいましたよ
元気そうでした
少し大きくなったような気がした

DSC_0328.jpg

DSC_0329.jpg

アヒルの親子と思っていたが、もしかして白鳥かな

なんせ無知なんで....

大きくなれ!
元気に育て!
近くに住み着くカラスの大群に負けるな!


では

GWの出来事(耐えろ子アヒル!)

  • 2016.05.06 Friday
  • 20:47
5月4日(水)晴れ...常時強風

昨日は、大雨で練習できなかったから

今日こそは、練習するぞー!

天気もいいし、気持ちいい


でも一歩外に出れば、外は強風

それも半端ない 陸上でも常10m以上はある

こういう時って、自転車は横風にめっぽう弱い

車道の路肩を走ろうものなら

横風にハンドルを取られ、バランスを崩し

自殺行為に等しい


せっかく、遠出しようと思っていたが、予定変更

最近お気に入りの皿倉山へ向かう

この山は、木々に覆われていて風も大方防いでくれる

自転車で4往復(片道6km)

その後、ため池の周りを2周(12km)


行き帰りに車道を走行中、横風にもろあおられ

自動車に跳ねられそうになった

あぶね〜

ラントレの途中、なんとも幸せな気分になったことが

ため池に住み着いているアヒル夫婦と思うが

足下には2匹の子どもがいた(親の右下)

この悪天候の中、無事に過ごして欲しいと思った次第





バラモンキングまで一ヶ月と少しだが

スイム以外は、まずまず、トレーニングはこなせている感じがする


では

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

にほんブログ村 (*^^*)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

人気ブログランキング (*^^*)




selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM